FC2ブログ

いちのせき自然写真館

                    ~栗駒山を望む、岩手の県南、一関より~

朝虹!天気は見事に・・・

8月17日
朝から虹が見れた!
朝虹は天気が・・・
見事にあたって天気予報では「晴れ」のマークが続いていたが、結局は曇りがちで何度かゲリラ的豪雨も・・・
でも、見れると嬉しくなるのが虹!
20180817朝虹2
20180817朝虹



にほんブログ村
スポンサーサイト

ペルセウス座流星群2018!~極大日1夜後~

8月13日
日本で一番条件が良いとされた12日夜~13日朝、その次の夜にあたる13日の夜(13~14日)にも、良く流れていた!

今回(複数日)、ペルセウス座流星群を狙った撮影の中で、一番長大な長さをとらえた画
20180813ペルセウス座流星群
次第に雲が増えてきて、雲越しの流星!
20180813ペルセウス座流星群2
これは「流星」かどうか、少々自信が無いが・・・、長さなどを見ると人工衛星ではなく流星かと・・・
20180813ペルセウス座流星群3
これが曇ってしまう前、写ってくれた最後の流星!
20180813ペルセウス座流星群4

場所;岩手県一関市花泉町金沢
時間;2018/8/13 21:00~24:00(大よその撮影していた時間)



にほんブログ村

ペルセウス座流星群2018!~極大日2夜後~

今回は好条件!と言う事もあり、連日のようにペルセウス座流星群を見ようを夜空を眺めていたが、やっと報告(第一弾)・・・

8月14日
今年のペルセウス座流星群は13日の午前10時頃が極大予想となっていたが、そこから2夜目
さすがに流星の数は激減?したものの、見ていた3時間(21時~24時)で5~6個確認できた!
しかも、また残念ながらカメラの構図を変えたばかりだったのに、変える前の画角に-4~-5等クラスの明るい流星が流れ
流星痕も残していた!※時間は23時10f分頃、東の空、ペガスス座の南側をペガススの長辺よりも長い経路で流れた
これが惜しまれて、少し早く切り上げる予定が、また流れるかも!?と1時間近く引っ張ってしまったが結局は流れず・・・

この日の撮れ高
20180814ペルセウス座流星群_金沢星見高台
20180814ペルセウス座流星群_金沢星見高台2
※2枚目は明るい流星が流れた後、すぐの写真なので流星痕が写っているが、載せる写真では埋もれてしまって見えない・・・

その他の写真はまた準備が整い次第、アップ予定



にほんブログ村

夕陽、そして夕焼け空に見えた月と金星!

8月14日
今日の夕陽は雲が少しかかっていた
20180814夕陽2
この日の日の入りの時間18時34分
夏至付近の一番遅い日の入りのが6月25日~7月1日までの19時7分なので、早いもので夕方30分も陽が短くなった

こちらは前日の8月13日の夕陽
20180813夕陽

この後、積乱雲が赤やピンクに染まる様子を狙っていたが、思ったほどでは無かったので、他の雲の夕焼けの様子を対角魚眼にて
20180814夕焼け

少し時間が経つと夕焼けをバックに、月や金星が見えてきた!※金星は月の左下の方に写っているが、見えにくいかも・・・
20180814夕焼けの中の月と金星

参考までに
朝の時間は・・・
6月11日~6月18日までの4時7分が一番早い日の出で、8月15日の朝だと4時46分
これにより薄明開始時間、最速が2時11分、8月15日は3時8分と1時間も夜の時間が長くなった!



にほんブログ村

夕方の月と4惑星~対角魚眼による1枚撮影~

8月13日
夕方、多数あった積乱雲などは時間の経過とともに少なくなり、明るい惑星などが先頭に立って見えてきた
そんな中、「月齢2」の細い月と4惑星が見えていたので、対角魚眼を使い、1枚撮影をしてみた
20180813夕方の月と4惑星
ちょっと窮屈になったが、何とか西の月から南東の火星までを1枚で撮影する事ができた!



にほんブログ村
次のページ

FC2Ad