いちのせき自然写真館

                    ~栗駒山を望む、岩手の県南、一関より~

1年ぶりの五葉山!

11月4日
約1年ぶり住田・大船渡・釜石にまたがる五葉山に登った!
天気予報を見ながら「4日(土)」にするか「5日(日)」、ギリギリまで悩みに悩んだ・・・
日曜は高気圧が進行してくるようだったが、曜日も考慮して土曜に決めたが、見事に寒冷前線が影響して午前2時過ぎに曇ってしまった・・・
曇る前に撮った月光下のオリオン座・おおいぬ座シリウス付近とカラマツ(2枚)
1枚目は登るのを優先したので、登山道にあった石の上にデジイチをセットして撮影したもの・・・
20171104五葉山登山道から見た月光下の星空
2枚目は風が強くなり出した中、(構図が縦だった事もあって)三脚をセットして撮影
20171104五葉山登山道から見た月光下の星空2
この写真を撮影する辺りまでは南の空の方に雲があったものの、山頂方面は流れてくる雲程度だったのに・・・
(いくらかマシに撮れている星の写真は結局、この2枚だけ・・・)
8合目前後ぐらいだったろうか?急に雲が増えだして星は隠され、月の明かりも無くなってしまった・・・
山頂手前の日枝神社前に午前3時10分頃到着し、時々月や星は見えていたが前線通過の影響か雲が低く広がり始めて南の黒岩にも雲がかかるように・・・
20171104五葉山日枝神社から見た黒岩方面
雲の中に入ると時折、小雨もパラパラと降り出したので、午前3時45分に無念の撤収(下山)・・・

栗駒山に登ったのが10月初めだったので、約1か月ぶりの山登りで体力が落ちていたのか、登りでパワーを使って足にガタがきていたので
帰りはゆっくりと下山した(落ち葉や雨の影響で足が滑りやすかったのもある)・・・
そのおかげで、薄明が進んでヘッドライト無しでも歩ける時間帯になるとカラマツが黄色に染まっている様子なども写真を撮る余裕が生まれた

登山道から五葉山方面を振り返る(山頂はやっぱり雲の中・・・)
20171104早朝の五葉山
こちらは天気が良くて時間があれば行きたかった黒岩方面(やはり山頂は雲の中=1200m前後まで雲が下がっている)
20171104早朝の黒岩
日の出の時間、太陽は雲の中だったが、少し時間が経つと雲から朝陽が顔を出した!
20171104雲から顔を出した朝陽
(プチ)サンピラー?にも見える光が雲の上に短く伸びていて、雲から漏れた光が釜石湾の海面を照らしている
20171104サンピラー?と光り射した釜石湾
ゆっくり写真を撮りながら下山したので登りよりも時間がかかった(登りは2時間半、下山は3時間)が無事に赤坂峠駐車場到着し、ちょっと休憩し、帰路に着いた

実はその帰路、県道193号沿いにはキレイな紅葉が見られたので何度も停車し、撮影したので、またまた家に到着するのが遅くなってしまった・・・
その紅葉の写真の中から数枚を・・・
2017110411193号沿いの紅葉1
20171104横川橋からみたモミジと川の流れ1
20171104横川橋からみたモミジと川の流れ2
20171104県道193号沿いの紅葉と朝陽

さすがに寝ずに登った帰り道は眠気に勝てず、途中で2時間ほど仮眠し、自宅には午後2時時前に着いた
昨夜の22時前に出発したのでトータル16時間!

雪の状況にもよるが、栗駒山は難しくなってきた(いわかがみ平側の県道42号は雪・凍結の状況次第でまだ通行可能ではあるが)ので、次回も五葉山かなぁ?
完全な降雪期になる前、晴れた夜に星空撮影に登りたいところだが・・・


にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト

夜の五葉山へ

12月4日
先月、初登頂した五葉山へ再び向かった!
3日(土)、仕事を早めに終わらせたが、出発時間が1時間ほど遅くなってしまった・・・
この日の最低目標は栗駒山以外では初の「夜の五葉山へ登る事」で、運が良ければ星空の様子も見たいところ!

自宅を20時前(予定は19時だったが)に出発し、道が空いていたので現地の登山口、赤坂峠の駐車場に着いたのが21時半過ぎ
片道95キロあったので、やはり2時間近くは移動だけでもかかってしまう・・・(駐車場には多数車中泊の車が止まっていた)
車を降りると空には満天の星空があった!光害も少なく、栗駒山に勝るとも劣らない星空!
※別な目的もあって時間的に余裕が無くて残念ながら写真は無いのが今となっては悔やまれる・・・

準備をして登り始めが22時前で、山頂到着が24時頃!
驚いたのが、登り始めて間もなく、登山道には白いものが!少し前に降った雪が残っていたのだ!
7合目?を過ぎると雪は登山道にも常に残っている状態で滑りやすかった・・・(積雪は1~2センチで大した事が・・・)
それにしても前回、初めて登った時も思ったが、栗駒山より標高は低いものの、キツイ感じがする・・・
20161204雪が残る五葉山1
登っている最中、時々空を見上げると、星空がキレイで期待して山頂まで登ったが、山頂手前にある日枝神社付近で何となく
周りが白く見えてきたので、最初は息などでメガネが曇ったのかな?と思っていたら雲が襲来し始めたからだった!

山頂に向かうほど視界が悪いので日枝神社まで戻って、まだ見えている星を撮りたくて急いで機材準備!
急速に迫る雲と強風に焦りながら、準備したが時すでに遅し・・・
星は雲間から時々見える程度だった・・・
20161204五葉山の星空(雲あり)
オリオン座、おおいぬ座が薄雲越しに見え、写真右下は街明かり(陸前高田?大船渡?)

この後、30分ほど粘ってみたが、状況は悪化する一方で、仕方なく断念して下山した・・・

下山途中、山と山の間に街明かりが見えたが、空には分厚い雲があるのが良く分かる(ピントが甘い・・・)
20161204五葉の厚い雲の下に見えた市街地

そして途中仮眠後に帰路に着いて五葉山方面を振り返ってみる(写真に写っている山が五葉山かは不明・・・)
20161204五葉の山々

住田の川は水が透き通ってキレイ!思わず1枚写真を撮ってしまった・・・
20161204住田の川

そして帰り道沿い、気になったのが震災の影響で今は走っていない大船渡線矢作駅付近の線路と鳴らない踏切・・・
20161204大船渡線矢作駅付近
20161204矢作駅付近の鳴らない踏切

今回はGPVもウェザーニュースの山の天気予報もピンポイントで当たっていた・・・
次回、また五葉山に来るチャンスがあれば好天の中、明るいうちに山頂へ登り、風景を楽しんでから満天の星空を楽しみたい!



にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

初登頂!雲と強風の五葉山!

11月20日
天気が今一つパッとしない中、栗駒山以外の山に初めて登ってみた!
その山は三陸沿岸部にある五葉山!標高1,351mと栗駒山に比べると300mほど低い!
一関から1時間半ほどかと予想していた(ネットで調査)ところ、ナビで検索すると片道2時間半弱もかかる距離だった・・・

行く途中、ループ橋を通る際、周囲の山肌がキレイに見えていた
20161120ループ橋付近の山肌1
20161120ループ橋付近の山肌2
20161120ループ橋付近の山肌3
登山口である赤坂峠の駐車場には10~20台ほど車が止まっており、思ったより登山者が居る事がわかった
まだ積雪も無く道路閉鎖は1月4日だそうで、それまでは多少降雪があってもゲートは閉まらず、登れるらしい!
登山口から登り始める頃、ポツリポツリと雨が降り出した
20161120赤坂峠登山口の看板
途中であったオジサンにスタートが遅いし、暗くなるのが早いから3時を目途に下山するようアドバイスを頂いた
他の人にも何人かから4時には駐車場に着くように!と言われた

雨模様の中、できる限りのスピードで山頂を目指した!
栗駒山に比べると急な上り坂はほどんどないので、その部分は登りやすい!と言えるかもしれない!
ただし、思った以上に距離があるようで、時間がかかった!
登山口から7合目前後まで雨が降っていたので、写真撮りはほとんどせず、休憩も少しだけだったにも関わらず、
時間を測ると2時間15分もかかっていた!
距離は実際のところわからないが栗駒山の中央コースよりは断然距離があって時間がかかる(栗駒山中央コースは1時間半)

山頂は雲の中で、強風で体が飛ばされそうに何度もなるぐらいだった!
しかも雨が降ったため足元が悪い状態の登山道が続いていて、滑りやすい部分が多々あった!

それにしても、、栗駒山とは全然違う雰囲気の山だったので驚いた!
栗駒山は火山でできた山で岩なども巨大なものは見られないが、五葉山は巨大な岩がゴロゴロとしていて、植生している木々も
違うものが多かった(印象的なのがコメツガ!これは栗駒山には無いのでは・・・?)

ここからは写真オンリー
20161120登山道から見る山頂方面
20161120コメツガの残葉
20161120五葉山の巨石1
20161120五葉山の広葉樹
20161120登山道から見る大船渡方面
20161120五葉山山頂付近の様子1
20161120五葉山山頂付近の植物2
20161120山頂付近の看板
20161120針葉樹ヒバ
20161120白樺
20161120白樺林
20161120畳石

20161120五葉山山頂2
20161120雲と強風の山頂(白の世界)
20161120五葉山のブナ
20161120コメツガ林2
20161120コメツガ林
20161120コメツガを見上げる
20161120コメツガの道
20161120雲に隠れる黒岩
20161120金星が見え出した大船渡湾と夕焼け

次回は晴れの澄み切った空と海の水平線が見える条件で登りたい!※しかも冬季閉鎖前に・・・



にほんブログ村

FC2Ad