いちのせき自然写真館

                    ~栗駒山を望む、岩手の県南、一関より~

カノープス北限チャレンジ2014(第4回) ~10月26日~

前日の夕方の空模様から、最初はカノープス北限チャレンジをあきらめていた。
ところが、1時半頃に目が覚めて気になって空を見ると霧があるものの見れる
可能性があり、急いで準備して栗駒山に向かった

到着したのが遅く、時間的に山頂に登るのはむりだったので、いわかがみ平
からの確認作業となった

いわかがみ平には「しゅうちゃん」さんもお仲間と一緒に来ていたようで、その
場で撮影されていた
(お仲間と一緒でしたので、この日は声を掛けませんでした)

いわかがみ平から、南の空及び全体の空を見ると前日より若干透明度が
落ちているように感じたが、南の空を撮影してみると星はまずまず低空も
写っていた
2014年10月26日 いわかがみ平より見た南の空

部分的に拡大してみると・・・
2014年10月26日 いわかがみ平より見た南の空の拡大

カノープス出現予想位置の左に赤い点が写っているが、残念ながら星
ではなく、またしても仙台付近?の低空の雲かモヤ?で見えていない
ようで・・・

次こそは!!最良の条件が重なるといいなぁ!!

[広告] VPS
スポンサーサイト

カノープス北限チャレンジ2014(第3回) ~10月25日~

大陸育ちの移動性高気圧に覆われ、天気が良かったのでカノープスの北限を目指して
25日未明に栗駒山山頂に向かった!!
今シーズン3回目は同じ北限記録に挑戦されている、あの「しゅうちゃんさん」も!

いろいろ話が聞けたのは良かったものの、カノープスは残念ながら仙台付近?の上空に
ある雲?モヤ?によって隠されているようで双眼鏡での確認・写真確認ともダメ・・・。
毎回、上空は晴れ渡っていても仙台付近にかかる雲?モヤ?で出現が阻まれている。

2014年10月25日のカノープス南中時刻の南の空

比較的寒さは緩んできたものの、それでも山頂で撮影中は寒さとの戦いだった。
雪が降る前に何とか結果(結論?)を出したいところ!

※初のタイムラプス(動画)!短時間だけど・・・
[広告] VPS

肉眼黒点~10月24日~

この前の日曜に、久々に太陽面を覗いて見ると比較的大きい黒点が
見え始めていて、昨日ネットで確認すると肉眼黒点になっているとの
事だったので、有り合わせの機材で撮影してみた。
有り合わせで時間も無かったので、やはりピントが甘い・・・。


肉眼黒点2014年10月24日

カノープス北限チャレンジ2014(第2回) ~10月19日~

12日に続き、今回も日曜未明のチャレンジとなった19日。

家を出る頃、雲が取れて天候は大丈夫そうだったが、いわかがみ平に着いて
しばらくすると見えていた星々が次々と雲に隠されてアッと言う間に空一面が
雲に覆われてしまった・・・

いわかがみ平から見た南方の空 ※完全に雲に覆われる前に撮った南方の空

低空の南の空の星の日周運動 ※南の空の低空の星の日周運動

山頂には雲がかかっていないようで、雲は比較的高い位置にあるようだった。
今回もご来光を見れるかわからなかったが、行けるところまで行こうと登り始めた。
中間地点ぐらいまで進んでから、空を見上げると星がかなり見え始めていた。
それと同時に薄明もかなり進み、暗い星々は光の中に消えていった・・・

ご来光を見れるとペースを上げて歩いていると、またしても山頂から1500mぐらい
までに雲が広がり、絶望的な空模様に・・・。

せっかく登ってきたのでご来光を見れなくても山頂に登りたいと思い、歩き続けて
いると山頂直下付近で急速に雲が薄れて東の空には真っ赤な太陽が!


2014年10月19日 山頂直下から見たご来光

2014年10月19日 山頂から見た日の出

何とか、またご来光も見れて良かった。
このあと早々に下山して自宅には9時前には到着できた。

結局、今回カノープスに関しては空模様が悪く、確認すら難しかった・・・
また次回以降、好天に期待して挑戦して行きたい!




カノープス北限チャレンジ2014(第1回) ~10月12日~

今年も秋が深まりつつある10月半ばになり、また今年もカノープスの北限記録へのチャレンジがスタートした。
第1回目となったのが10月12日の明け方前!前日は雲がかかる予報だったので、晴れの期待できる12日を選択!
12日は山頂を含めて上空には雲が無く、コンディションとしては良好!しかし、イワカガミ平に着くと南方の空には
低い雲が広がっていて超低空に現れる?かもしれないカノープスのチャレンジには厳しい環境に・・・
更には栗駒山の山頂からのチャレンジが基本だが、南中時間の関係で1400m付近からの写真になってしまった・・・

カノープスの出現が期待できる南方の空

低空の雲や霞が無ければ見えるはずの仙台の街明かりも見えず、超低空のカノープスは確認できず・・・

カノープス出現位置の拡大

現時点で天気予報を見る限り、休日での晴れ間は比較的少ない感じの1週間・・・次回チャレンジはいつ?

※ステラナビゲーターでシミュレーションしてみると、地形の表示=山頂から見える南方の範囲が100キロ
  以上になると山などで隠されて?カノープスが見えない可能性がありそう?栗駒山から見える範囲は
  どのくらいあるものなのか・・・。わかる人、いますか?

この日は冷え込み、霜&霜柱が見られた。山は紅葉も終わり、落葉が目立つようになり、晩秋から初冬の
面持ちがあった。山頂に着いたのはご来光が来る1分前!何とか見る事ができた。

2014年10月12日栗駒山山頂のご来光

山頂からは朝日を浴びる鳥海山と栗駒山の影が落ちた周囲の山々がキレイに見えた!

鳥海山と栗駒山の影


次のページ

FC2Ad