いちのせき自然写真館

                    ~栗駒山を望む、岩手の県南、一関より~

1月12日 冬の星座と天の川

1月中旬の日付が変わる時刻になると、オリオンなどの冬の星座が大きく西に傾き始める
20160112冬の星座と天の川
南の空には冬の天の川が良く見えていたが、低空の雲があって写真は霞んでしまっている
年末に導入したEOS6D(EF35mm)による3枚コンポジット(トータル3分)
ド・ノーマル機のためバーナードループやバラ星雲他はほとんど写っていない・・・


20160112冬の天の川
こちらはホワイトバランス(色温度K4000)を変えてみた
散光星雲は写らないが、何となく冬の寒さを感じる青っぽい色が出ている?

これはハードディスクを見ていて引っ張り出した古い画(北アメリカ星雲付近)
北アメリカ星雲kai

これはCLSフィルターを通して撮影した画を試行錯誤してステライメージ等で加工したもの
ノーマル機でも結構写るが、まだ色が今一つか・・・


にほんブログ村
スポンサーサイト

1月9日 久々の光柱!

1月9日、18時半過ぎ
仕事帰りで自宅まで、あと1分ほどのところで北の空の雲が何となく「ヘンだなぁ」と思い
車を降りて確認してみた

はじめ、肉眼では真っすぐ上に伸びる光の帯のように見えたので車のライトかと思ったが
ずっ~と見えていたので、写真に撮ってみた
20160109光柱

すると「光柱」だった!
久々に見た光柱で、明るい光柱以外にも2~3本ぐらい見えていた
20160109光柱2

北~北東の空の方角に見えていたが、光柱現象を起こす明るい光源は何だったんだろうか・・・?


にほんブログ村

1月9日 金星・土星超接近!

1月9日
早朝の南東の空では金星と土星が超接近して見えていた!
実は仕事で徹夜明け・・・、起きれないかと思ったが何とか間に合った
20160109小雪舞う朝焼けの中の金星・土星超接近

時間が無かったので、起きてすぐに撮影ポイントに走り、対象を確認したが寝ぼけ眼のためか金星と土星が1つに見えた
(肉眼で分離して見えなかったのが普通なのかどうか・・・)

望遠鏡で見ると1つの視野に分離して見る事ができた
20160109金星・土星超接近(拡大)

この日の朝、曇り空が奇跡的に晴れ間ができて、小雪がちらつく中、見る事ができた
見終わると、また雲に覆われて雪が降り出した・・・
※望遠鏡の画で、金星がボヤっとしているのは明るいためだが、薄い雲も多少影響している


にほんブログ村

1月7日早朝、東天に集う惑星と月

1月7日
この日の薄明開始は5時19分
そこから10分後の南東の空に目を向けると、この日は金星と土星の近くに月齢26.4の月が
見えていて、さそり座~へびつかい座付近は大変賑やかだった!

20160107月・金星・土星の集合

EOS6D/EF24-105(105mm)/F7.1/ISO3200/15s露出/三脚による固定撮影


にほんブログ村

2016年、今年のしぶんぎ座流星群は・・・

今年のしぶんぎ座流星群は雲の多い中、月が昇る前の数時間だけ、空を眺めてみた
天頂から北天方面は雲が多く、南天が比較的雲が少な目だったので、カメラを向けた

ウェザーニュースの流星中継を見ていると比較的流れているようだったが、ここ一関
の空に流れてのは3個しか確認できず・・・

ただ、長経路の流星を2個見れたので、今年の「流星群初め」は良し!かな。
(でも写真には一枚も写ってなかった・・・)
20160104しぶんぎ
次のページ

FC2Ad