いちのせき自然写真館

                    ~栗駒山を望む、岩手の県南、一関より~

今年最後の朝日と夕日

12月31日
大晦日の今日は朝は多少冷えていて、雲が多めだったものの、昼頃は雪ではなく小雨模様・・・
でも、その後は天候が回復し、キレイな夕日と夕焼けを見る事もできた!

朝の7時半過ぎの朝日(寝過ごしてしまった・・・)
20161231今年最後の朝陽
この空の雲から小雪がチラついていた
20161231朝の小雪

今年最後の栗駒山は大半が雲に覆われていて、時々中腹より下の部分が雲間から見える状況だった
(これは夕刻、日の入り前の栗駒山)
20161231今年最後の栗駒山

今年最後の夕日は地平線近くの雲の中に沈む形になった
20161231今年最後の夕陽
20161231今年最後の夕陽2

夕闇が少しずつ迫る中、東の室根山上空には薄いピンク色のラインが広がっていた
20161231夕闇迫る室根山
20161231夕闇迫る室根山2

この後、月齢2の月、金星が共演する夕空から始まり、星空撮影もしながらの年越しになりそう・・・
明日の朝、初日の出は見れるかな・・・(起きていられるかな)?



にほんブログ村
スポンサーサイト

晦日の星空

12月30日
自分にとっては仕事納めの今日は比較的雲が多めで、時々雪が舞う寒い一日だった(会社は大晦日も動いているが・・・)
晦日の帰り道、次々と流れてくる雲間から辛うじて見えていた秋~冬の星座を撮ってみた(大晦日の明日が晴れるとは限らないので・・・)

☆昇り始めた冬の星座
20161230昇る冬の星座
☆ペルセウス座~おうし座付近
20161230ペルセウス座~おうし座
☆ふたご座~オリオン座付近
20161230ふたご座~オリオン座
☆オリオン座~おうし座付近
20161230オリオン座

撮影機材等:(共通)EOS6D/EF24-105mmF4(24mm、f5.6)/三脚にて固定撮影/ISO6400/ホワイトバランス4000K
画像加工等:フォトショップエレメンツ11にて自動シャープ、自動レベル補正、サイズ変更(画像解像度)

※いつもとカメラ設定を変えてみた部分があって、それはホワイトバランス!通常はオートにしているが、タイムラプス撮影をする時、
雲の有無などによって、空の色が変わってしまう事がハッキリ見られたので思い切って自分でホワイトバランスの色温度を設定してみた
何となく良い感じになったような・・・


にほんブログ村

紅富士ならぬ撫子色の栗駒山

12月も残りわずか!
そんな師走の慌ただしい日々だが、栗駒山はどっしりと構えていつもの姿を見せてくれていた!
26、28日、29日に撮った写真を一気に掲載!
特に26日は雲はあったものの、久々に撮る事ができた朝陽に染まる栗駒山!
ピンクと言うか撫子色と言うか・・・何とも言えない美しさ(優しさ)を見せてくれる好きな時間でもある!
※この日は偶然、ステラナビゲーターで極細の月と土星が薄明の中、見える事を知り「寒いけど行ってみよう!」と外を見ると晴れていたはずの空が
曇っていて、諦めてブログ記事作りをしていたが、気になって再度外を見ると雲が無くなっていた!
慌てて出発しても時すでに遅し・・・、月も土星も薄明も進んだ明るい空に消えてしまっていた・・・
そんな中、西の空には栗駒山が雲を冠して見えていて、上空が染まり始めていた!
20161228ピンク色に染まる栗駒山上空の空1
そして日の出の時間を迎えると、キレイに染まった栗駒山を見る事ができた!
20161226朝陽に染まる栗駒山
※今の時期、どこの高山も同じように赤(もしくは撫子色)に染まる様子が見られるのかもしれないが、栗駒山で「紅富士」のような
赤く染まる姿は見た事が無いが、撫子色までなのだろうか?たまたま自分が見た事が無いだけなのかな?
※題名と文面、一部手直ししたが、当初「赤富士」だと思っていたら真冬に見られるのは「紅富士」と言うそうで・・・「赤富士」は夏~秋らしい

26日の栗駒山はハッキリ・クッキリ見えていた!
20161226昼の栗駒山
昼休み、毎日のように勤務先の近くの田んぼに餌を食べに来ているオオハクチョウと栗駒山(電波塔が邪魔だったが・・・)
20161226栗駒山とオオハクチョウ

29日は雲に山頂が覆われていたが裾野の一部に日が射して白く雪が一段と明るく見えていた(これは電線が邪魔・・・)
20161229朝の栗駒山



にほんブログ村

大船渡線と星空を狙ったものの・・・

12月29日
帰宅途中、自宅近くで19時7分真滝駅発の上り大船渡線の通過が見れそうだったので、少し雲が多めながらオリオン座やおおいぬ座の
シリウスが見えていたので、ちょうど走ってくる列車を取り込んだ構図で写真が取れそうなイメージがしたので急いで準備してテスト開始!
ところが、雲が次々と流れて増えてきてしまい、列車が通過する時間にはオリオン座は雲の中・・・
辛うじてシリウスは見えていたが、結局雲に邪魔されてしまいイメージ通りには行かなかった・・・
(ISO感度を上げて星を撮りながらフレームインしてくる列車の光・・・これは晴れていてもイメージ通り行くか微妙なところ)
20161229大船渡線上りと星
(列車の光の上にある木の枝のところの明るい星がシリウス)



にほんブログ村

達成!五葉山の星空!

(以前の記事と日付が逆転してしまっているし、少し掲載時期が遅くなってしまった・・・)
12月24日はクリスマスイブ
世間一般では24日・25日と「クリスマス」本番を迎えていたが、そんな日に家族には申し訳なかったし、承諾してくれた事に感謝しつつ
(ある意味、自分へのクリスマスプレゼントになったかも?)24日23時過ぎ、自分は再び五葉山の山頂へ立っていた!
(正確に言うと頂上ではなく、少し手前9.5合目ぐらいの日枝神社付近だが・・・)

山頂到着を余裕を持って23時頃に設定すると自宅出発が遅くとも18時、登山口である赤坂峠には2時間ぐらいかかって20時着を予定
雪のある登山道を計算すると通常2時間ちょっとかかるので3時間程度を予測していたが、この予想はほぼあっていて予定通り着いた

まず、登山口である赤坂峠までの県道193号には路面の雪は融けて無くなっていたので快適に登る事ができた!
到着した時、駐車場には車中泊(もしくは山荘宿泊)と思われる車が10台ほど停車していた
確認した空の状態は雲が多めで雲量6~7ほどで、山頂にも雲があるようだった
黒岩方面に沈みかけているはくちょう座付近
20161224赤坂峠駐車場から見たはくちょう座付近
こちらは五葉山山頂方面の星空で、雲があるのがわかる
20161224赤坂峠駐車場から見た五葉山方面の空
しかしGPVをはじめ、過去この五葉山の天気を見事に当てているウェザーニュースの登山情報を信じて登る事を決断して、速攻で準備して登った
※仕事や休み、冬期通行止めを考えると今年(今シーズン)ラストチャレンジ!

登山道入り口の前回の雪は融けて、ほとんど無かったが5合目以降徐々に増えたが気温が低く雪は固まっていたので比較的、登りやすかった!
(固まってなかったら、膝上か股下まで入る部分もあったかもしれない・・・)

登りながら、時々星空を確認すると「シリウス」や「オリオン座」などが南東の空には星が見えていたので、初めての冬山!しかも夜間登山!!
だったが心の中は不安より楽しみ(ワクワク)が完全に上回っていた!(でも前回、夜に登った時も登山中は晴れていたが、山頂に着くと曇るパターンだった・・・)
そして9合目を過ぎ、木々に覆われた登山道を抜けて避難小屋「石楠花荘」まで出ると、そこには満天の星空が!無い!曇っている!!!
山頂は以前と同じように雲の中・・・、でも前回よりは視程も悪くないし、風も比較的穏やかなので半ば諦め気味で山頂を目指して歩みを進めた・・・
ホントは山頂まで行きたかったが、雪道&雲の中&風を考慮して行くのを断念し、そこで僅かな可能性を信じて寒さに震えながら星の出現を待っていた!

山頂近く、日枝神社付近の登山道
20161224五葉山山頂近くの登山道の雪
同じく、その周辺の木々
吹き付ける雪で(?)真っ白の枝
20161224雪で白くなった木
白く凍ってしまった五葉松(?)
20161224雪の五葉松
自慢のシャクナゲもこの通り・・・
20161224白い石楠花

雲は濃くなったり、薄くなったりしていて街明かりは見えるものの星は時々チラッと見える程度・・・
20161224雲と大船渡、陸前高田の光

4~50分は待っただろうか・・・?日付が25日に変わり、極寒の寒さで手足が限界に近づいていたので、諦めて下山をしようと荷を背負って戻り始めたら
急にオリオン座やおおいぬ座がハッキリ見え出したかと思っていると一気に雲が取れて、そこには求めていた満天の星空が現れた!!!
慌てて荷を下ろし、機材を準備して撮影開始!
☆冬の大三角と街明かり
20161225五葉山の星空1
不思議なもので寒かったはずなのに、その寒さを忘れて星空を堪能しながら撮影をしていた!

☆冬の大三角(ステライメージで加工)
20161225五葉山の星空2
☆ぎょしゃ座、おうし座、ペルセウス座付近
20161225五葉山の星空3
☆ペルセウス座、カシオペア座付近
20161225五葉山の星空4
☆こぐま座(北極星)、北斗七星とレンズ雲(しばらく消えなかった)
20161225五葉山の星空5
☆うしかい座付近(画の右の明るい星は木星)
20161225五葉山の星空6
☆木星、おとめ座、からず座、うみへび座付近
20161225五葉山の星空7
☆おおいぬ座と冬の天の川、そして街明かり
20161225五葉山の星空8
☆西に傾いたオリオン座など冬の大三角
20161225五葉山の星空9
☆再び・・・うしかい座付近と凍り付いた木々(木々は暗くて見え難い・・・)
20161225五葉山の星空10
☆日枝神社付近で撮った最後の1枚!冬の天の川と星座、そして街明かり
20161225五葉山の星空11
☆下山途中、昇ってきた月と木星などが木々の間からキレイに見えた!
20161225五葉山下山途中の月と星々1
☆同じく木々の間から見える星空と月(木星など)
20161225五葉山下山途中の月と星々2
☆沈み行くオリオン座などが木々の間から見えた
20161225五葉山下山途中の月と星々3
☆木々の間から見えるシリウスと、雪が月光に照らされて木々の影も薄っすら写り込んでいる
20161225五葉山下山途中の月と星々4
☆木々の隙間からだが、月光が海を照らしている(月版のオレンジロード?)
20161225五葉山下山途中の月と星々5
※この辺りで立て続けに2人、山頂を目指す人が登ってきた!(写真を撮っている自分に驚いたかも?)
☆畳石から見た昇る月と星々
20161225畳石で見た星空
☆月光で浮かび上がる黒岩と星々
20161225黒岩と星空
☆針葉樹林と月、海面に月の光が見える!(少し木が邪魔しているが・・・)
20161225針葉樹と星月夜
☆朝焼けが始まった!月も高い位置に登り、南東のオレンジ色に染まった辺りにはさそり座が登り始めている!
20161225星・月と朝焼け
☆月光及び薄明で見え始めた黒岩と星空(ぎょしゃ座が沈みかけている)※五葉山での星に関しては最後の1枚になった
20161225薄明で明るくなり出した黒岩と星空
☆上の写真には流星が写り込んでいる!肉眼でも目撃したが、ぎょしゃ座を縦に流れた!これもクリスマスプレゼント?
20161225ぎょしゃ座を流れる流星
☆日の出前の黒岩
20161225日の出前の黒岩
☆同じく日の出前の五葉山
20161225日の出前の五葉山
☆そして帰路に着いて、途中で見れた朝陽に染まる黒岩!すごくキレイだった!
20161225朝日を浴びる黒岩

写真盛りだくさんになってしまったが・・・こうして、今年最後と決めて向かった五葉山、念願の満天の星空を堪能する事ができた!
栗駒山の星空も素晴らしいが、五葉山の星空も陸前高田や大船渡付近の光害以外は星空を邪魔する光害はほとんど無く星が良く見える!
ぜひ、また星空を見に行ってみたい!五葉山はそんな場所だった!
※雪が無い快晴の日にも登って風景も楽しんでみたい!来年の目標の1つ・・・かな?


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
次のページ

FC2Ad