いちのせき自然写真館

                    ~栗駒山を望む、岩手の県南、一関より~

ぎょしゃ座~ふたご座(足元付近)

2月27日
EOS60D SEO-SP3Cにて撮影した「ぎょしゃ座~ふたご座(足元)」の1枚
写真の右下は光害が影響してしまい、青っぽい色になってしまっていて、画像加工技術がないので均一にできない・・・
20170227ぎょしゃ座~ふたご座2up
EOS60D SEO-SP3C/EF35mmF2/スカイメモR/ISO1600/露光時間10分×7枚加算平均コンポジット
※スカイメモR、追尾精度が良くて10分露光を始めてやってみたが、標準レンズ程度であれば問題ないようだ!!!

3月3日、雲はあるものの星が見えている!しかし風が強めに吹いていて、拡大撮影は難しいので、カメラレンズによる固定撮影を自動で行っているが・・・
明日、休みであれば多少無理はできるが、月初めで土曜出勤・・・
風があるから断念するか、多少無理しても寝不足覚悟で撮影をするか、悩むところ・・・



にほんブログ村
スポンサーサイト

桃の節句!雲越しの春の夫婦星!

3月3日 午前2時
窓越しに外を見ると薄雲りながら星が見えていたので、外に出てみたら雲が迫って来ていたが、辛うじて春の星座などが雲越しに見えていた
完全な晴れの空の下で撮りたかったが・・・、今日は桃の節句!春の夫婦星を狙ってみた!
20170303桃の節句の春の大曲線
対角魚眼を使い、北極星~北斗七星、そこから春の大曲線を撮り、雲の襲来で急いだので構図の中に人工物(電線他)が入り込んだので、思い切って、
邪魔な部分を切り取った1枚にしてみた!
雲越しになってしまったものの、春の夫婦星=「うしかい座アークトゥルス」と「おとめ座スピカ」をお内裏様と、お雛様のイメージで・・・
※夏であれば「こと座のベガ」と「わし座のアルタイル」が男女のイメージで取り上げられるが、春の桃の節句なので、こちらを選択した

オマケで、21時近くに帰宅した際に雲間から見えた西に傾き始めていた冬の星座たち
20170302雲間の冬の星座

GPV気象予報でも薄雲の予報でスッキリとした晴れ間は日中になりそうだ・・・




にほんブログ村

FC2Ad