いちのせき自然写真館

                    ~栗駒山を望む、岩手の県南、一関より~

月面X!そして月面V!

3月5日
春の柔らかい陽射しが暖かく感じられたが、空は春霞のかかる一日・・・
午後は時間の経過とともに高層の薄雲が増えてくる空模様で、夕陽が薄雲に飲まれていく様子を見ていて夜の初めに見られる「月面X」を見るのは
難しいかも?と思いつつ、まだ明るい空の下、南の青空の中にある月を気にしながら急いで望遠鏡を準備した

夕陽が雲に飲み込まれていく・・・
20170305夕焼けと春霞と雲

設置した望遠鏡で月を撮ってみたが、さすがに18時前だと「月面X」はまだ現れていなかった・・・
20170305月面X出現前17時50分

月面Xの出現ピーク予想は19時半頃との事だったが、実際撮影して見ると20時頃が良く写っていたようだ
20170305月面X出現20時5分

上記2画像は75SDHF/キヤノン エクステンダー×2/ニューアトラクス赤道儀にて直焦点撮影

最後にネットで調べると「月面X」は注目されて話題になるが同じ頃「月面V」も見えると言う!
せっかくなので、両方を少し拡大して撮影しようと、LV9mm接眼レンズによる拡大撮影をしてみた!
20170305月面XとV拡大撮影

拡大した方が見やすいかも?※今回掲載写真は全てトリミング無し
エクステンダー使用の写真は薄雲の影響を受けて見えにくい感じがする・・・
シンチレーション(大気の揺らぎ)も重要なポイントになるが、やはり「ミラーアップの利用」、そして少し画は汚くなるがISO感度を高くして
速いシャッタースピードで撮影する方がブレが少なく、画もいくらかハッキリ撮影できた

この月面Xなど、あまり撮影した記憶が無い・・・
自分のブログ記事を検索掛けても出てこないので、多分初撮りだと思う
月面は上弦まで、そして下弦以降なら撮る場合もあるが、普段満月前後は望遠鏡を使って撮影しない方が多いので何となく新鮮な感じ!



にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2Ad