いちのせき自然写真館

                    ~栗駒山を望む、岩手の県南、一関より~

火星とM8(干潟星雲)&M20(三裂星雲)の接近

3月18日
星々は少し春霞と薄雲でキレイには見えていなかったものの19日~20日は晴れ間が期待できそうにない天気予報だったので
ちょっと離れてはいるものの、火星とM8(干潟星雲)&M20(三裂星雲)の接近の様子を狙ってみた!
20180318火星とM8M20
画角が少し傾いている感じだし、色調もちょっとイマイチ・・・
でも、まぁ見れたし、撮れたので良しとしよう!!


にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

こんにちは (^.^)
前回のオリオンといい今回のと精密な写真をよく写せますね・・・感心します。
放浪児はまともな赤道儀は持ってないので観望だけで撮影には至りません。
今の時期PM2.5などの関係もありますが、冬から春先は休眠が多いです。
一つには花粉症のこともありますが。
一度でいいから画面いっぱいに広がるアンドロメダを撮ってみたいもんですね (^.^)

  • 2018/03/19(月) 10:50:15 |
  • URL |
  •   放浪児 #-
  • [ 編集 ]

放浪児さん、こんばんは!
コメントありがとうございます!
一応、アストロアーツや天文ガイドなどで事前に天文現象などを把握して、ステライメージで写真のシミュレーションをします。でも、現場では成り行き任せになってしまいますが・・・。赤道儀が無くても固定でも広角気味のレンズなら行けると思いますが、ポータブル赤道儀でも良いので、あると写真の幅が広がると思いますよ。

  • 2018/03/19(月) 23:24:18 |
  • URL |
  • オリオン★ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ichinosekiphoto.blog.fc2.com/tb.php/688-eded63fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad