いちのせき自然写真館

                    ~栗駒山を望む、岩手の県南、一関より~

彩雲と環水平アーク

6月30日
梅雨明けしていないものの、この日も真夏のような暑さだったが、そんな中、午前~昼前にかけて空では鮮やかな現象が見られた!

まず見えていたのが「彩雲」で、太陽の近くのため、光度差が大きいため撮影は上手く行かなかった・・・
20180630彩雲1
炎天下、デジカメの液晶では彩雲の位置、適正露出時間の把握も難しく、もう少し離れた位置で、青空をバックに鮮やかな様子を撮りたかった・・・

続いて出現していた時間は長くなかったものの「環水平アーク」が見えた!
こちらは太陽の下の離れた位置に出現するため、ハッキリと見えた時間もあったが、東西に長く見えた時は薄っすらだった
①環水平アークが、一番ハッキリ見えた時間に部分的にアップして撮影した2枚!雲の流れとともに、刻々と変化する
20180630環水平アーク
20180630環水平アーク2
②画角、そして位置を変えたアークは真ん中付近に小さく写っている
20180630環水平アーク3
③こちらは薄っすらと東西に長く見えていた時間に撮ったものだが、淡くて部分的には見えている・・・
20180630環水平アーク4

6月最後の週末は虹色現象でスタートし、午後には前日に続き、夕立と言うか、今風に言うとゲリラ豪雨(ゲリラ雷雨)となった



にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ichinosekiphoto.blog.fc2.com/tb.php/758-7946b9c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad